• ホーム
  • 早漏防止として防止シートの活用とFR法の違い

早漏防止として防止シートの活用とFR法の違い

2020年01月28日
悩んでいる男性

男性が抱える悩みの一つに射精をコントロールすることが出来ず、性交時に即座に射精をしてしまうことがあります。
早漏防止に関していえば、ドラッグストアやネット通販などにおいても様々な商品が出回っており、そういった商品を用いれば容易に改善できる場合もあります。

ただ早漏防止の方法には幾つかの種類が存在し、その中でも商品を用いることによる改善法が一番多いです。
よく聞かれる商品による早漏防止の方法に防止シートの方法があります。

防止シートとは性交を行なう5分から4時間前ぐらいに、薬剤が付いている濡れているシートで男性器を拭くだけで、その持続時間がアップするというものです。
防止シートでは射精をコントロールすることができ、しかも無味、無臭であり、ヒリヒリ感や痛みもないということで有効な方法です。

なお早漏防止効果があると言われているのは、ネット上でも盛んに掲載されているFR法もあります。
これは防止シートのように商品などに頼らず、薬や恥ずかしいカウンセリングなどに一切頼らない方法です。

FR法は早漏防止だけでなく、男性器のサイズアップやメンタル面、性交を楽しめる工夫まで出来るノウハウが満載の方法となります。
今まで器具や薬などの物にばかり頼ってきて、効果を上げることが出来なかった人にとっては、有効な方法として注目されています。

ただFR法の目的は、早漏を克服するためだけのマニュアルではないことで、女性との付き合い方などの面も書かれているマニュアルとなります。
つまり、早漏防止は一要素に過ぎず、女性を満足できる自信を持った男性になるためのバイブルである特長があります。

FR法は、早漏防止に限らず性に対する悩みまでも解決できるノウハウを含んでおり、それを実践された方の口コミでも話題となっている方法です。

関連記事
早漏で困ったときはマンネリ化の打開で早漏防止

早漏に困ったときは、プレイのマンネリ化を解消する早漏防止も考えましょう。すぐに射精してしまう原因は、現在のプレイ内容にあるのかもしれません。気持ちのよいプレイは最高ですが、それが原因で数秒で射精するようでは困ったことでしょう。射精する時点で快感を覚えているのは確かですが、時間をかけて射精したほうが快...

2020年06月13日
早漏防止には射精障害の改善とゴクアツゴムの着用

早漏防止には多くの方法がありますが、最初に試してみたいのは射精障害の改善、そしてゴクアツゴムの着用です。この2つ、またはいずれか1つを実践するだけで、早漏が治るかもしれません。早漏は体質や遺伝が関係していると考える男性もいますが、それよりもメンタル的問題が関係しています。早漏は慢性化しやすいと言われ...

2020年05月10日
鍛練法によって男性ホルモンを強化して早漏防止を

夫婦間のセックスレスが多くの注目を集めています。セックスレスではなくても、実は早漏であるために妻を満足させることができず、さらに妻も早漏が原因であるために歓びを得る前に行為が終了してしまい愛情が次第に冷めていく、そんな悪循環に陥ってしまっている方々も少なくないと思われます。多くの男性が早漏防止の方法...

2020年04月10日
更年期障害による早漏防止に効果をあらわすサプリ

身体的に加齢が大きく影響する要素としては、ホルモン分泌が挙げられます。特に、男性の場合は、この加齢によるホルモン分泌の低下が、性行為の際の射精までの時間を短くする要因となります。その結果、性的な充足感を得られなくなってしまうのです。これは男性の更年期障害で、この更年期障害の症状を改善するには、男性ホ...

2020年03月15日
中で出す為にオナニー注意!早漏防止を心がけよう

オナニーとSEXの違いとはオナニーとSEXの大きな違いとなるのは、刺激の強さです。オナニーの時には自分で射精のタイミングをコントロールできる為、射精したくなった時にはグリップを強くするようにするはずです。一方、SEXの場合はオナニーの時のように自分で射精のタイミングをコントロールができないとともに、...

2020年02月15日
遺伝子による影響と早漏防止薬と精力剤

遺伝子は指紋等と同様に、個人個人によって全く別物です。DNA鑑定という言葉が普及した様に、近年では個人の特定や犯罪捜査にも利用されています。また遺伝子情報を検査する事で、太りやすい体質が事前に分かる、あるいは将来なりやすい病気が判明する等、予防医学の分野でも注目を集め始めています。そんな遺伝子ですが...

2020年01月02日
早漏防止効果のあるSSRI薬の通販

男性の性機能障害で、よく知られているのが勃起不全です。この勃起不全を患う患者に多いのが、早漏と呼ばれる症状になります。早漏も勃起不全と同じく、性機能障害の一つに分類されています。早漏になると、射精までの時間がもたず、性行為で満足できなくなるのが特徴です。早漏防止のためには、SSRIという系統の薬がよ...

2019年12月13日
挿入より前に暴発してしまう早漏男性

挿入後の早漏が早い場合は原因を考える挿入後の早漏が早い場合、心理的な要因や経験など原因が何かあります。これに気づかないと、いつも挿入後に「暴発」してしまう、という不十分な結果で終わってしまうことがあります。誰しも経験が不十分な時には、極端に緊張してしまい、暴発してしまうことはありえることです。ただ、...

2019年11月28日